7月2日(月)

 1学期 終業式

 今日は1学期の終業式でした。
 1学期は78日間でしたが、今思えばあっという間でした。
 終業式での校長先生からのお話を紹介します。

 4月5日に始まった78日間の1学期がいよいよ終わろうとしています。
 みなさん一人一人にとって、どんな1学期でしたでしょうか。
 先ほどの代表の人が、
・「今は完璧です。」
・「できるようになったことがたくさんありました。」
・「あきらめないでやってよかったです。」
・「家のお手伝いを毎日やりました。」
・「音声計算でスター合格になりました。」
・「委員会の放送の仕事を失敗しないで言えるようになりました。」
 というような、すばらしいがんばりを発表してくれました。
 みなさんはどうでしょう。
 普段の学習や生活の様子を見ていると、土肥小学校のみなさんは、とてもがんばりやさんで、
 心も優しくて友達と仲良くできてすばらしいと思います。花丸です。
 今日、担任の先生からあゆみという通信簿をもらいますね。
 もらったら、自分のこれまでのがんばりを振り返って、これからどんなことをがんばっていくかを考えてください。
 さて、今日は何が行われる日か知っていますか。
 7月27日は、ロンドンオリンピックの開会式です。日本からも大勢の選手が選ばれてロンドンに行っています。
 サッカーはすでに予選が始まっていて、女子は昨日、男子は今朝、最初の試合に勝ちました。
 この調子で勝ち進んでほしいですね。オリンピックに参加している選手に共通することがあります。
 それは、どの人も自分の目標に向かって、長い時間を掛けて大変な努力をし続けてきたということです。
 なまけていたら、オリンピックの選手にはなれません。
 苦しいからとか、暑いからとか、疲れたからなどと弱音を吐いていたら、一流の選手にはなれません。
 ぜひ、オリンピックで活躍する選手を見て、オリンピック選手に負けないような自分の目標を決めて毎日がんばり、
 充実した夏休みにしてほしいです。
 一人一人ががんばりたい目標はさまざまだと思いますが、全員が共通してしっかりがんばってほしいことが2つあります。
 一つめは、安全な生活です。何と言ってもけがや病気にならないことが一番です。
 そのために、交通ルールを守って交通事故に遭わないように気をつけてください。
 特に、飛び出さないことと、自転車の安全運転に心掛けてください。
 また、不審者に会わないように安全に気をつけて生活することや、
 早寝早起き朝ご飯を夏休み中も守って規則正しい生活を送ることも忘れずに続けてください。
 もう一つは、読書です。みんなの心をしっかり育てるためには、読書が必要です。
 夏休み中も月曜日から金曜日は、学校の図書館が開いていますので、ぜひ本を借りてたくさん本を読んで心を育ててください。
 お話をまとめます。
 夏休み中にがんばることは、オリンピック選手のように、自分の目標をしっかり決めて続けてがんばること、
 安全な生活を心掛けること、読書をたくさんすることです。
 8月31日金曜日の朝、2学期の始業式がここで行われます。
 元気で成長したみなさんと再会できることを楽しみにしています。以上でお話を終わります。

 夏休み、子どもたちはどんな思い出をつくるでしょうか。
 健康第一、安全第一で充実した夏休みになることを教職員一同願っています。
  

 
1・3・5年生の代表が、1学期がんばったことの発表をしました。

7月2日(月)
1学期最後の読み聞かせ
 昨日25日(水)は、所用のため更新できず失礼いたしました。
 本日は、1学期最後の読み聞かせがありました。
 3年生は、「3びきのこぶた」と「アリババと40人のとうぞく」の紙芝居を小下田の鈴木さんから聞きました。
 鈴木さんは、事前に学校を訪れて、読み聞かせに適切なものを探し、
 さらに、候補を自宅に持ち帰って選んでくださいました。熱心に読み聞かせをしてくださる姿に、
 3年生は、「また来てください。」とアンコールをお願いしていました。
 暑い中、熱心な御協力に感謝申し上げます。
 
砂の造形
 3年生と2組は、図工で屋形海岸へ行ってきました。
 身近な場所で身近なものを使った活動です。
 子どもたちは、砂の造形で海に関するものを造り、
 石や流木を使って飾りを付けました。1学期最後の図工の楽しい学習となりました。

7月2日(月)

 合同避難訓練・車両見学

 本日、避難訓練を行いました。
 土肥小学校で計画している避難訓練に消防署と警察署の方も参加してくださいました。
 合同で避難訓練を行うのは、今年で2回目です。
 今日の訓練は、津波を想定した避難訓練で、
 裏山の高台までの避難経路を全校で歩いてみました。
 裏山で校長先生と警察の方のお話がありました。

 《校長先生のお話より》
 今日は、地震が来て、その後の大津波から逃げる訓練をしました。
 暑い中でしたが、みんな真剣に訓練を行ってすばらしかったです。
 警察署や消防署からも大勢みんなの訓練を応援するために、わざわざ来てくださいました。
 
 さて、大地震や大津波はいつ来るか分かりません。
 大地震がすぐそこの駿河湾で発生すると、土肥では5分で大津波が来ると言われています。
 普段経験しないような大きな地震におそわれたら、
 揺れている間は机にもぐるなどして頭を守ってください。
 そして、揺れが落ち着いたら、この場所をめざして避難しましょう。
 先生と一緒なら先生と避難しますが、先生と一緒でなくても教室に戻るのではなく、
 自分でここをめざして避難しましょう。
 途中で、高学年の人は、低学年と一緒になったら、道を譲るのではなく、
 手をつないで避難を助けてください。5分で高台に登らないと、
 津波にさらわれてしまうということをしっかり覚えておいて、迷わずに避難しましょう。
 
 もう一つ。東日本大震災では、一度避難したのに、
 自宅に荷物を取りに行ったり様子を見に行ったりしたために、
 津波にのまれて死んでしまった人がたくさんいます。
 津波は何回も押し寄せてきます。
 また、1回目より、2回目の方が大きな津波が来ることもあります。
 ですので、ここに避難したらしばらくはここで過ごして様子を見なくてはなりません。
 自宅で地震にあって、高いところに避難したときも同じです。
 しばらくは、決して下におりてはいけません。
 必要な物は大人が下に取りに行きます。
 では、しばらくってどのぐらいでしょう。
 津波の心配がない場所に住んでいる人は、
 家の人が迎えに来て5時間ぐらで帰れるかもしれません。
 しかし、多くの人は、大津波警報が解除されるまで海沿いの道路が通れませんので、避難が続きます。
 たぶん、3日から7日ぐらいだと思います。

 最後に、もし、今日の訓練が本当の地震と津波だったら、
 みなさんはこのままここで何日も避難することになります。
 できますか。何もないから無理ですよね。津波から避難し続けるには何が必要でしょう。
 ぜひ教室で、担任の先生と考えて、みんなで少しずつ準備を進めていきましょう。
 また、皆さんの家は準備ができているでしょうか。
 ぜひ、家に帰ったら、高台の避難場所や高台で過ごすときの水や食料はどうなっているかを
 家の人に聞いて確認してください。
 暑い中でしたが、話を最後までしっかり聞いて立派でした。以上でお話を終わります。(おしまい)


 訓練のあと、パトカー・救急車・消防車(はしご車)の見学をさせていただきました。
 間近で見る機会がなかなかないので、とても貴重な体験となりました。

 最後に、消防士・警察官のみなさんと子どもたちとでリレーを行いました。
 消防士・警察官の皆さんは制服姿で走りましたが、
 それでもとても速く、子どもたちもびっくりしていました。
 避難訓練、車両見学、リレーと、普段体験できないことが盛りだくさんで、
 充実した1日となりました。
 

 

 

7月2日(月)
 
 防災教育推進委員会

 防災教育推進連絡会議が、
 土肥小学校を避難地とする大藪・中浜・平野地区の役員の皆様、
 土肥支所の支所長様・防災担当様、伊豆市教育委員会の施設担当様、
 12分団長様をお招きして開かれました。
 市や学校の防災計画を説明した後、話し合いを行い、
 最後に避難場所となる教室や、避難ブリッジの設置予定場所の視察を行いました。

 大地震とその5分後にはおそってくると言われている大津波におそわれたらどうなるのでしょう。
 大津波警報が解除されるまでの3日から7日間程度は、第1次避難場所(高い所)で過ごし、
 その後、仮設住宅ができるまでの数か月ほどを
 広域避難地(土肥小など)で過ごすことになる方が多いと思われます。
 やはり大事なことは、最初の地震から生き延びるための家の補強や家具の固定などの対策と、
 高台で自分で生き延びるためのすぐ持ち出せる備蓄(水や食料など)です。
 第1次避難場所は、津波の想定が引き上げられたので、より高い所に見直されるそうです。
 
 
 ラジオ体操練習始まる

 今日から、朝のリレー練習の時間がラジオ体操の練習に切り替わりました。
 最初は学年ごとに隊形をつくり、第一の体操を流してやってみました。
 ほとんどが音楽を聴くと自然に動きができていました。
 体操としては、まだまだ十分ではないですが、
 木曜日の朝まで、4回連続で行います。
 明日から地区のリーダーが先頭に立ち、地区ごと並んで練習する予定です。
 
 

7月2日(月)

 第2回 地区児童会・集団下校

 2回目の地区児童会と集団下校がありました。
 今日は主に夏休み中の活動についての話し合いを行いました。
 ラジオ体操や奉仕作業の計画を立てている子どもたちの表情を見ていると、
 もうすぐ夏休みだという気持ちになり、わくわくしている様子がうかがえました。
 
 また、地区の交通安全についても話し合いも行いました。
 危険箇所の確認や事故防止のための意識確認、自転車の乗り方について考えました。

 夏休み中、事故無く元気に生活し、たくさん思い出がつくれるといいですね。
 

7月2日(月)

 2年生・国語「スイミー

 1時間目の前半、2年生と1年生が合同で国語の授業を行いました。
 2年生が一生懸命練習したスイミーの音読を、1年生に披露してくれました。
 2年生はこの日のために、休み時間に小道具の準備をしたり、振り付けを考えたりしてくれました。
 1年生の中にも、このお話を読んだことがある子が何人かいましたが、
 2年生がいろいろと工夫して読んでくれたので、とても喜んでいました。
 

 

7月2日(月)

 集会・委員会発表

 今朝の委員会発表は、保健委員会と美化委員会でした。
 
 保健委員会は日頃の活動内容の紹介と、
 土肥小学校の子どもたちの歯の状態についての発表でした。

 保健委員会の日頃の取り組みは、
 トイレのスリッパチェックや朝の健康観察カードチェックをすることや、
 昼に「ほめほめ放送」としてチェックしたことを放送すること、
 流しの石けんを点検すること、
 フッ素洗口の準備をすることなどです。
 毎日欠かさず仕事をするのは大変ですが、一生懸命頑張っています。

 歯の状態についての発表は、主に磨き残された歯垢についてのお話でした。
 学年ごとの歯垢の量を絵に表し、分かりやすく説明してくれました。
 

 続いて、美化委員会の発表は、「そうじ」という詩の朗読から始まりました。

  「そうじ」
 そうじ やってるよ
 なるほど
 ぞうきん持って 手を動かしている
 ほうきを持って ごみをおしている
 だけど、ちゃんと床を見ていますか

 そうじ やってるよ
 なるほど
 時間になったら そうじ場所に集まって
 分担された仕事を やっている
 だけど、ちゃんと「きれいにしよう」って思っていますか

 そうじとは きれいにすること
 きれいな学校は みんなでつくるもの
 きれいになったら なんだかとっても気持ちがいい

 そうじは「だいじ」
 だまって 無駄口せずに働くよ
 一生懸命 ぼくらの学校をきれいにするよ
 時間いっぱい 仕事を見つけて働くよ
 だまって 一生懸命 時間いっぱい

 それが土肥小学校のそうじです


 詩の朗読の後に、美化委員会から、掃除の時のお願いを伝えて終わりました。

7月2日(月)

 民生委員と語る会

 本日、民生委員の皆さんが本校にお越しくださいました。
 子どもたちの、地域での様子等について、情報交換を行いました。
 今後も子どもたちのために、地域の皆様と協力しながら活動していけたらと思います。 
 土肥小への日頃からの御協力に心から感謝します。
 

 2年生・図工「光のプレゼント」

 今日は天気がとても良かったので、
 2年生が図工の授業で完成させた作品を、外で光にかざして楽しみました。
 自分が切り抜いた窓に光が差し、
 いろんな色のセロファンを通り、
 いろんな場所にステンドグラスのような色が写ると子どもたちも大喜びでした。
 

 クラブにて…

 百人一首にチャレンジしました。
 担当の先生が読んでいるのを聴いて、自分もチャレンジしたいと6年生が挑戦しましたが、
 うまく読むにはちと難しかったようです。
 

7月2日(月)

 選抜リレー会

 今日のリレー会は1学期最終のリレー会でした。
 1学期の締めくくりのリレー会は、選抜リレー会です。
 記録は以下の通りです。

  1年生…2分56秒
  2年生…2分44秒
  3年生…2分45秒
  4年生…2分44秒
  5年生…2分52秒
  6年生…2分43秒

 天候が心配されましたが、何とかリレー会が終わるまで雨は降らずにすみました。

 毎日朝運動に参加し、こつこつ走って体力をつけてきた成果が
 タイムに表れてきています。
 今年は重点目標「きたえ合い」の中の取り組みとして、
 朝運動の充実を目標に掲げています。
 学年によって取り組む内容や難易度は違いますが、
 今後も目標の実現に向けて、みんなで一丸となって取り組んでいけるといいです。

7月2日(月)

 4年 社会科見学

 今日、4年生が社会科の学習で「衛生センター」と「浄水場」に見学へ出かけました。
 施設内の様子だけでなく、実際に設備が動いている様子を見せていただきました。
 自分たちが出したごみがどのように処理されていくのかや、
 自分たちの使う水がどのような手順で家庭まで届けられるのかを知ることができました。
 また、それと同時に働く人たちの苦労にも触れ、
 今後自分たちにできることは何かを考えるいい機会となりました。
 

 

 

7月2日(月)
 4年、集会「朗読とリコーダー演奏」

 今朝の集会は4年生の発表でした。
 4年生は、国語で学習している「ポレポレ」の朗読と
 「エーデルワイス」のリコーダー演奏を行いました。
 国語の朗読では、読む順番を決め、一人ずつ全校の前で読みました。
 中には自分の担当部分を暗記して読む子もいました。
 朗読の後に、リコーダー演奏を行いました。
 エーデルワイスを2部に分かれて演奏しました。
 高音パートと低音パートの音色が重なり、とてもきれいに響いていました。
 4年生の素晴らしい演奏を聴き、下級生もリコーダーをやってみたいという思いを抱いていました。

 交通安全を語る会の報告

 集会の後に、6年生が参観日の日に行った「交通安全を語る会」で話し合ったことについて、
 下級生に説明してくれました。
 自分たちが生活する地域の危険箇所などについて、
 地図や写真で示しながら分かりやすく説明してくれました。
 夏休みに向けて、今一度自分の生活区の交通事情を確認し、
 自分の命は自分で守るという気持ちを持てる、いい機会となりました。
 
 交通安全運動

 今朝から、夏の全国交通安全県民運動が始まりました。
 学校前の道路に大勢の方が旗を持って並び、交通安全をアピールしてくださいました。
 ありがとうございました。
 
 

7月2日(月)

 第1回「体力アップ集会」

 昼休みに体力アップ集会がありました。
 静岡県の教育委員会が主催する体力アップコンテストの種目には、
 「みんなでリレー」「みんなでジャンプ(長縄)」「みんなで8の字とび」「みんなでドッジボールラリー」
 「みんなでめざせ!スポーツクラス」「みんなでリズムダンス」「みんなで集団演技」「みんなで体力作り」
 などがあります。
 今日はその中の「みんなで8の字とび」に全校でチャレンジしました。
 記録は以下の通りです。

 1年生… 83回
 2年生… 94回
 3年生…117回
 4年生…202回
 5年生…225回
 6年生…173回
 
 朝運動のリレー練習の前に、こつこつ練習した成果が出たクラスと、
 緊張でなかなか記録が伸びなかったクラスと…様々でした。
 2学期にもう一度全校でのチャレンジがあります。
 こつこつ練習をして今日の結果をこえられるといいです。
 
先生方も回したり応援したりに夢中で、一生懸命跳んでいる写真を撮り忘れました

7月2日(月)

 5・6年生「交通安全を語る会」

  交通通安全リーダーと語る会がありました。
 5・6年生、大仁警察署の交通安全指導員さん、土肥交番署長さん、
 交通安全協会土肥副分会長さん、
 土肥地区交通安全指導員さん、土肥支所交通安全担当さん、地区安全推進委員さん、
 そして保護者やPTA役員の皆さんが参加してくださいました。
 各地区の危険箇所や改善したいところ、
 子どもたちや、大人がそれぞれ日頃危険だと感じていること、
 さらに、これからどのように気をつけていったらよいかを話し合いました。
 その際、あらかじめ保護者の皆さんに書いていただいたアンケートが大変役に立ちました。
 ありがとうございました。
 今日の会で話し合ったことを生かして、子どもたちも、地域の大人たちも、
 一緒に交通安全に気をつけていきましょう。

 

 

 
 4年生「生活習慣病教室」


 生活習慣病教室がありました。
 栄養士の高木先生が見え、授業をして下さいました。
 1日にとる油の量は40グラムですが、
 ポテトチップス一袋にはその半分の21グラムが含まれていることや、
 500ミリリットルのジュースの中には
 1日に必要な20グラムの砂糖の2.5倍の砂糖が含まれていることを聴き、驚いていました。

 これから夏休みに入りますが、自分の体を自分で大切にできるといいです。
 

 

 あいさつ運動
 
 今朝、校門のところで保護司のみなさんがあいさつ運動をしてくださいました。
 月曜の朝、子どもたちにすがすがしいあいさつをし、迎えてくださいました。
 保護司のみなさま、あいさつ運動ありがとうございました。
 

7月2日(月)

 3年生・音楽「リコーダーとなかよし」

 3年生は、音楽の授業で6月からリコーダーの練習を始めました。
 今、リコーダーに夢中で、休み時間も一生懸命練習する姿が見られます。
 どんどん難しい曲にも挑戦したいと、やる気いっぱいです。
 練習を重ねて、リコーダー名人がたくさん現れるのも遠くなさそうです。
 
 

 PTA家庭教育学級「救命救急法講習」

 本日、第2回PTA家庭教育学級が行われました。
 本日は夏休みのプール監視に備え、内容は救命救急法講習でした。
 講師に田方消防の皆さんを招き、1年生の保護者を中心に、希望者を募り、体育館にて実施しました。
 蘇生法や緊急時の対応について詳しく教えてもらいました。
  

第6回 リレー会

 今日は第6回目のリレー会でした。
 記録は以下の通りです。

  1年生…3分    ★
  2年生…2分58秒
  3年生…3分
  4年生…2分50秒
  5年生…3分
  6年生…2分47秒

     (★が付いている学年は新記録です)

 1学期最後の通常リレー会でした。
 リレーそのものだけでなく、リレー会の運営や応援などにも慣れてきたように思います。
 
 来週は選抜リレー会です。学期末に行われる、年に3回のリレー会です。
 

7月2日(月)

 6年・家庭科「洗濯実習」

 6年生が家庭科の授業で洗濯の実習を行いました。
 自分の靴下を手洗いで洗濯しました。
 汚れの落とし方や、洗剤の量、干し方などを実際に体験しました。
 自分の衣服を毎日清潔に保つのは、大変だということを実感できたようです。
 一生懸命手洗いしている様子が本当に印象的でした。
 家でも実際にやってみる子が増えるといいですね。
1年・生活「土や砂・水で遊ぼう」 その3、「砂場遊び」の様子です。
 

 

7月2日(月)

 7月・朝会

 今朝の朝会では、校長先生から資源を大切にしましょうというお話がありました。

 発電機というモーターを回して電気をつくることを発電といい、
 代表的なのが水力発電と火力発電と原子力発電です。
 
 水力発電は、水を流して、水の力で発電機を回します。
 大量の水を確保するために、ダムを造ると、ダムでできる湖のために、
 長年住み慣れたふるさとを追い出されて、
 ほかの地区に引っ越さなくてはならない家族が出てくるという困ったことや、
 自然を破壊してしまうという問題があります。

 火力発電は、石油や石炭や天然ガスを燃やして、
 熱の力で発電機を回します。今は、電気の大部分を火力発電で作っています。
 大量の燃料を燃やすので、二酸化炭素が大量に発生して、地球の環境に悪い影響を与えてしまいます。
 
 原子力発電は、核分裂という方法で大量の熱を作って水を沸騰させて蒸気の力で発電機を回します。
 昨年の東日本大震災で福島の原子力発電所が大事故を起こしたことを知っていると思います。
 今でも、伊豆市に住んでいる人の何倍もの人が、住んでいた家や町に戻れないでいます。
 原子力発電にもよさがいろいろあるので、全国に造られてきましたが、危険だということで、
 全国の50基のすべての原子炉が運転を停止していました。
 夏の電力不足を補うため、関西電力の1基が運転を再開し、もう1基も運転再開の準備中です。
 原子力発電には難しい問題がもう一つあります。それは、発電した後に出るごみの処分です。
 何万年も人や自然にとても危険な影響を与えるごみなので、簡単には処分できません。
 原子力発電が始まってもう50年以上たつのに、
 未だに、このごみを、どこに捨てるかが決まっていません。
 
 今お話ししたどの発電方法でも、電気を作るということはとても大変で、
 地球の環境にも悪い影響を与えてしまいます。

 さて、伊豆市の電気は東京電力が作ってくれています。
 原子力発電が止まったことにより、東京電力では、火力発電を増やしているため、
 石油などの燃料費が1年間で1兆円ほど増えるそうです。
 この燃料費が増える分の電気代の値上げを2か月前に申請しています。
 国の許可が出ると、学校の1か月の電気代が、今まで10万円だったとすると、11万円ぐらいになります。
 また、7月1日から、風力発電などの自然の力を利用して発電した電気を高く買うための
 「再生可能エネルギー買取制度」が始まりました。
 高く買い取る費用をみんなで負担するため、8月から普通の家庭で毎月100円ほど払うようになります。

 電気代がどんどん高くなって、学校や皆さんの家は大変です。
 では、私たちにできることはないでしょうか。
 そうです。節電を今まで以上に心掛けるしかありません。
 7月2日から、全国で節電期間が始まりました。
 体育館の電気も最近の集会ではあまりつけていないことに気づきましたか。
 最近、教室や廊下の電気をこまめに消すクラスが増えてうれしいです。
 誰もいないのに電気がつけっぱなしの教室も減ってきました。
 電気のスイッチに色をつけてあることに気づいていますか。
 青いスイッチは、普通に使うスイッチで、青だけつけるのが基本です。
 黄色のスイッチは、使うときだけつけて、つけっぱなしにしないようにしましょう。
 赤いスイッチは、曇りや雨の日など、暗い日に使うようにしましょう。
 また、水道の蛇口をひねると水が出てきますが、停電になると水は出ません。
 つまり、水も電気を使って流れているので、水の節約にも心掛けると節電につながります。
 低学年の人には少し難しい話だったと思いますが、
 まとめると、電気をつくるのはとても大変なことで、
 環境を汚したり壊したりする犠牲を払って電気を作っている場合が多いので、
 電気の無駄遣いをしないで大切に使って、夏の電力不足を乗り越えましょう。
 

 1年・生活「土や砂・水であそぼう」

 1年生は、生活科の授業で水遊びの計画を立てています。
 今日はその2の「シャボン玉」の時間でした。
 (ちなみに、その1は「どろだんごづくり」でした。)
 大きなシャボン玉を作りたいということで、
 どうやったらできるかをシャボン玉博士の先生に教えてもらいました。
 自分たちでシャボン液をつくり、たっぷり遊びました。
 大きなシャボン玉ができると、子どもたちは大喜びでした。
 

 

7月2日(月)

 企画委員会・ありがとうポスト

 給食の時間の放送で、企画委員会から「ありがとうポスト」の説明がありました。
 自分が伝えたい感謝の気持ちをカードに書き、
 ありがとうポストに入れます。
 それを企画委員が昼の放送で紹介してくれるのです。
 さっそく1年生がカードに感謝の気持ちを書き、ポストに投函しました。
 土肥小学校にありがとうの気持ちがたくさん溢れるのが楽しみです。
 
 

 3年生「土肥の名所を調べよう」

 3年生は総合の授業で土肥の名所について調べています。
 今日は、清雲寺と花時計と足湯に行きました。
 あいにくの天気だったので、ゆっくりはできませんでしたが、
 その場所の特徴や様子をじっくり見学してきました。
 

 1年生・図工 「おって たてて ゆめのまち」

 1年生が図画工作の授業で、「 おって たてて ゆめのまち 」を行いました。
 友達と相談しながら、土肥小の1年生だけの「ゆめのまち」を作りました。
 まだ完成はしていませんが、楽しみながら作業を進めました。
 どんな「ゆめのまち」になるか楽しみです。
 

7月2日(月)

 7月・委員会活動

 明日に予定した委員会活動でしたが、
 都合により、本日に変更になりました。
 1か月の反省と、今月の活動内容について話し合いました。

 企画委員会は「ありがとうポスト」を作りました。
 栽培委員会は、児童玄関前の花壇に花の苗を植えました。音楽委員会もボランティアで手伝いました。
 美化委員会は、掃除ロッカーの点検と、集会で発表する内容を考えました。
 図書委員会は、おすすめの本を紹介するための放送原稿作りをしました。
 放送委員会は、掲示物の張り替えをしました。
 給食委員会は、人気の給食メニューランキング作りをしました。
 保健委員会は、保健室前の掲示物を作成しました。

 1学期も終盤を迎え、どの委員会も充実した活動を行おうと努力しています。
 上級生の活躍ぶりがとても立派な今日この頃です。
 
左:栽培委員会が花を植えた花壇の様子。      右:企画委員会の作成した「ありがとうポスト」


 TEL 0558-98-0056   FAX 0558-98-2970